最近では、数多くの消費者金融でインターネットサービスを強化させております。無人契約機の元祖として知られているアコムでも、最近ではインターネットサービスを強化させております。インターネットサービスの中には、誰でも利用できるサービスというのも存在しますが、会員だけが利用できるサービスというのもあるのです。

まずは、メールサービスです。アコムには「eメールサービス」というのがあり、これに登録をすると様々な情報がメールで知らされてきます。例えば、現在所有しているキャッシングカードの有効期限であったり、返済期日であったりということなどです。

これら以外にも、お得なキャンペーン情報なども配信されてきますので、お得にお金を借りるチャンスも多くなるというものです。他には、インターネットを使った借り入れや返済をすることができます。

まずは借り入れですが、中々アコムのATMに行く時間がないという人も多いもの。そんな時アコムの会員であれば、インターネットから借り入れ手続きを行う事が出来ます。お客様の指定した金融機関の口座に振込みをすることで、外出しなくても借り入れができるのです。

振込みの手数料はかかりませんし、土日祝日を含む24時間対応しております。もし楽天銀行の口座を持っているならば、さらにスピーディーに。なんと、最短で1分で振込みを24時間対応してくれるのです。

インターネットだけではなく電話で申し込みをすることもできますが、し時間がかかります。借り入れだけでなく、返済というのも消費者金融にとっては重要なもの。返済をしたいがなかなかATMに行く時間がないという会員はインターネットを使った返済も利用可能です。

インターネットからの振込み返済は、もちろん手数料無料です。24時間すぐに返済できますので、ぎりぎりの返済でも大丈夫。勿論、平日だけではなく土日祝日も対応しております。会員サービスはインターネットだけでなく、無人契約機などでも受けることができます。

出典:東京都豊島区・台東区のアコムのむじんくんの設置場所一覧

アコム無利息サービスは本当にお得なのか?

アコムの無利息サービスは30日間無料という点に関して一見するとプロミスやレイクのサービスと同様であるかのように見えます。ですが、実際には起算日と契約ルールにおいて差があり、アコムの場合は契約日から起算され、返済を35日ごとで契約した人のみが対象となります。

つまり契約日と出金日が別々である場合、実際には30日より短い期間しか恩恵を受ける事ができない可能性が存在するのです。この点においてはレイクも同様のルールで計算されますが、レイクの場合は返済は35日ごとでなければならないという縛りは存在しません。

また、5万円分を180日分無料にするというサービスとの選択も可能ですから、当該サービスに限定して比較するとレイクの方が有利であると言わざるを得ないでしょう。また、プロミスも同様の30日間無料サービスを展開していますが、適用を受ける為にはプロミスの場合、メールアドレスとWeb明細を利用する必要があります。

ですが、返済日の指定はありませんし、プロミスの場合は出金日からの起算で30日間金利無料となる上に、翌日起算で1日をカウントしますので、契約日に融資を受ける場合においてもアコムより1日分得をする事ができるという計算になります。

またプロミスにはポイントサービスがある為、ポイントサービスによる金利無料のメリットも考慮するとやはりアコムはサービス面において劣っていると言わざるを得ないのです。そして、ノーローンは7日間のみの金利無料と短めですが、同月の複数回利用でなければ何度でも無料にしてもらえるサービスである為、長期の融資であればアコムが得、短期であればノーローン有利となってしまいます。

結論として、相対的にアコムの30日間金利ゼロサービスは格段に優れたものではないという判断になります。しかし、アコムには自動契約機のわかりやすさや利便性などで勝負している銀行ですので、金利サービス面においては並であっても他に魅力を補うポイントを多く有している点が特徴です。